平成27年度 学校・地域パートナーシップ事業活動報告

【部活動支援グループ】 通年(華道・作法部は月1回程度、 ホームメイキング部は週2回程度)

   華道・作法部での生け花と、ホームメイキング部でのハワイアンキルトを中心に指導をしていただいた。部活動においては生徒たちの活動意欲も高く、共に過ごす時間も長いので、ボランティアの方々と深いつながりができた。
   校内の文化発表会を支援メンバーにも観覧いただいた。

画像の説明

【環境整備グループ】 7月下旬(1回・夏期休業中)

   1年生の学級教室(7教室)と特別教室のカーテンの洗濯と補修をしていただいた。職員と生徒の積極的な協力もあり、2日間の予定であったが1日でやり終えることができた。カーテンがきれいになって教室も明るくなり、生徒たちの喜ぶ笑顔が見られた。

【図書活用グループ】 10月、11月、2月(3回)

   図書室の新書整理の作業(入荷した書籍のゴム印押し、登録番号の記入、ブックカバーの装着など)をしていただいた。  すばやく対応していただいたことで、生徒たちが読みたい本をすぐに貸し出すことができた。また、本年度もPTAの方の協力を得ることができた。

画像の説明

【学習支援グループ】 7月下旬~8月下旬(10回・夏期休業中)

   本年度と来年度の教育実習生を中心にボランティアを募り、学習支援の必要な生徒を対象とした活動をしていただいた。マンツーマンに近い形態でおこなうことができたため、一人ひとりの習熟度に応じた支援ができた。また、近隣大学の学生や元中学校教員の地域の方にも協力をしていただき、より効果的な学力補充の機会とすることができた。

【教科支援グループ】 9月~3月(42回)

   1年生7クラスの調理実習各2回と、2年生7クラスの被服実習2回、3年生7クラスの調理実習2回の補助をしていただいた。どの授業にも2~3名のボランティアの方々に入っていただくことができたため、生徒たちと触れ合う時間も多く、和やかな雰囲気で実習を楽しむことができた。

画像の説明

【公開講座グループ】 12月(1回)

   これまで授業参加型の公開講座を実施していたが、本年度より出前講座を実施することとなった。今年は「天ぷら油の回収と利用について」という演題で市内の事業関係者を講師に招き、1年生生徒への授業を行った。また自治会長さんの協力を得ながら校区内のすべての家庭に案内文を回覧し、保護者や地域の方も生徒と一緒に講座を受けた。
   特に地域に密着した教材であり、生徒たちも興味深く講義を聞いていた。